身に付けておいて損はない!自動車知識

ディーゼル車はなぜ査定額が下がらない?

ディーゼル車ってそれほども需要もないように思えますが、
なぜ査定額が下がらないのでしょうか?
その答えは簡単です。
国外からの需要がめちゃくちゃ高いからです。

 

日本ではディーゼル規制なんかもありますし、
まあとにかくエンジンがうるさいのディーゼル車って人気ありませんよね。
今はクリーンディーゼルなんて車もありますが、
それ以前のディーゼル車の話です。

 

そしてディーゼル車は大きい車ばかりですよね。
SUVをはじめランクル、ハイエースなどなど。

 

ああいった車って海外からの需要がものすごく高いのです。
理由は簡単。
個人の商用利用として最適だからです。

 

あのようなディーゼル車って日本でしか生産していないものばかりなんです。
エンジンも通常よりも丈夫ですし、なにより日本車ですので壊れにくい。
そして積載もできる。

 

だから海外に売り飛ばせばこちらで査定額がつかないような状態でも、
驚くべき価格で購入されるんですね。

 

だからこちらでも、通常の車だと引き取りを拒否されるような状態でも、
かなりの高値で買い取ってもらうことができるのです。
買取に関してはこちらから
セレナ 買取

 

10年落ちで200万円越えの査定額がついたハイエースなんてざらにありますからね。
なので上記のよなディーゼル車を売却する際は注意してくださいね。

 

一般の方だとこのような知識がないので、
騙されて安く買い取られてしまうこともありますので。